まつ毛エクステは就寝体勢とパウダーなどにも注意

日本女性が抱える短い、細い、少ない、というまつ毛に対する悩みを、すべて解決することができるエクステンション、海外から上陸した最新美容法ですが、年齢に関係なく女性たちの間でブームとなっており、定期的にサロンへ通い施術を受けているという方も多いようです。女性のメイクの最大のポイントだといわれているのが目元で、ぱっちりとした大きな目を演出するためには、まつ毛メイクは欠かせません。より長く、太く、濃く見えるように、メイクアイテムを駆使して盛り付けて行きますが、どうしても時間の経過や涙で落ちてしまいやすいため、専用の接着剤で人工毛を貼りつけていくエクステンションが好まれ、まつ毛エクステサロンもどんどん増えています。しかしこのエクステも、お手入れがきちんと出来ていなかったり、就寝時の体勢によっては、持ちが悪くすぐに取れてしまうこともあるので、扱いには十分注意することが必要です。エクステをできるだけ綺麗な状態で長持ちさせるには、触らない、こすらないということが鉄則なので、とにかく優しく扱うように心がけましょう。下を向いて寝たり、横向きで寝るなどは、まつ毛をつぶしてしまったり、寝具との摩擦を与えてしまうので、無意識とはいえ注意が要ります。また、アイシャドーなどのメイクアイテムのパウダー成分がまつ毛エクステの接着面にたまると、ばい菌が繁殖してしまったり、見た目にも美しくないので、クリームタイプのシャドーに変えるなどの配慮も必要です。クレンジング時には接着面をこすらないようにしながらも、汚れは取り去らなければならないので、専用のリムーバーを使ってオフするようにしましょう。慣れるまでは少し大変ですが、扱いが大きく関係する美容法であるということを理解し、まつ毛エクステに合ったケアをすることが重要です。